医療脱毛とは何か

そもそも医療脱毛って何をするの?

人の毛は一定の周期で生え変わっています。毛が生えてから抜け落ちるまでのサイクルは体の部位によって変わるものの、大体3か月~6か月ほどで生え変わるようです。
毛が抜け落ちても生えてくるのは、毛の根っこにある細胞が毛を出すように指示しているためです。自分でカミソリや毛抜き等で処理をしたとしても表面上の毛がなくなっただけであり、根っこの部分がなくならない限り永遠に生え続けてくるのです。

医療脱毛はその根っこの細胞に刺激を与え、毛の再生をしないように行います。「細胞に刺激を与えるのって痛いんじゃないの?」「細胞がなくなっても大丈夫?」と不安に思われるでしょうが、最近の医療脱毛は大きな進化を遂げています。かつては「痛い・高額」な脱毛も、今では「痛くない・安価」に受けられるようになりました。

医療脱毛を恐れている方は、先入観を捨てましょう。ランキングや口コミサイトなど、豊富な情報から脱毛治療について検討してみてもいいかもしれませんね。

医療脱毛とサロンの脱毛はどっちがいいの?

脱毛には、医療機関で脱毛してもらう方法とエステサロンで脱毛してもらうという方法の2種類があります。
エステサロンでの脱毛は主に光を使用して脱毛するというものです。痛みがほとんどなく、料金もお手頃で受けられるものが多いです。人気の部位である脇やVラインならワンコインで受けられることもあり、中には特典として無料で受けられるものもあるようです。

しかし、エステサロンは医療行為ができないため、何かあった時に医師の診察が受けられません。医療脱毛に比べて安価で済みますが、その分効果は薄いです。光脱毛は医療脱毛と比べると刺激が少ないため、どうしても効果が落ちてしまうのです。
医療脱毛はサロンでの脱毛と比べ、高額になりますが永久脱毛を目指すなら医療機関で受けた方がいいのです。

このように、どちらも一長一短がある脱毛治療。ある程度脱毛できればいいやという方はサロン、本格的な治療を望む方は医療脱毛がいいのです。
埼玉・大宮には多くのクリニックやサロンがございます。どの施設でやってもらうのか選択する必要があるのです。